離婚の原因が浮気の場合の慰謝料はいくら?

浮気が原因で離婚をすることになったとき、浮気をしたパートナーと浮気相手に慰謝料を請求することが出来ます。

浮気が原因で離婚をした場合、慰謝料の請求が出来ると言いましたが、もっと正確に言うなら下記のケースで損害賠償を含む慰謝料の請求が可能です。

・不貞行為または浮気行為
・悪意のある遺棄
(生活費を家庭に入れないや生活の中で生じる苦痛に対して対応しなかったなど)
・相手の消息が3年以上わからない場合
・重度の精神病に罹り、回復する見込みが薄い場合
などが挙げられます。

また、これらの条件で離婚後3年以内であれば慰謝料の請求をすることが可能です。

この条件が揃って、請求することが出来る慰謝料の相場として、だいたいですが400万円前後というのが一般的な離婚の慰謝料になっています。

離婚の原因がパートナーの不倫や浮気だった場合、不倫や浮気相手にも慰謝料を請求することが出来ます。

相手側への慰謝料の請求金額は、パートナーとは別に100万円前後を請求することが出来ます。

また、慰謝料の金額計算にも条件があります。

・婚姻関係を継続することが出来ない理由の有責の程度
・精神的、または肉体的に受けた苦痛の度合い
・結婚期間
・自分や相手の年齢
・請求先となる当事者の支払い能力の有無

この条件が慰謝料の請求金額を増減される基準となります。

相場であるパートナーへの400万円の慰謝料、浮気相手へ請求する100万円の慰謝料、この2つの金額を相場通りに請求するためには、有責の事実を確実に証明することが出来る証拠を揃えておく必要があります。

当社では、浮気調査だけではなく、調査後の離婚に関係する相談も承っております。お気軽にご相談ください。

ページ先頭へ
2010 浮気調査専門なみき探偵 東京 All Rights Reserved.