浮気の証拠 浮気調査専門探偵東京

「浮気の証拠と言われても、どんなものが証拠になるのかなんてわからない。」という方も少なくないはずです。
それもそのはず。どのような行動をすれば万人の浮気に当てはまるのか?人それぞれボーダーラインが異なっていることを知る必要があります。
ここでは、浮気調査を行う上で「 どういったものが証拠となるのか?」について、紹介していきます。

まず、不貞行為(法律上浮気とされる行為)の定義。

法律上、浮気は不貞と表現されており、 その不貞行為の定義として「配偶者のある者が、その自由意志に 基づいて配偶者以外の者と性的関係を持つこと」となっています。

つまり、「性的関係を持つこと」とあるので「浮気相手と会っている写真」や「 キスをしている場面の写真」などは、不貞行為とは認定されていないことを知っておきましょう。
また浮気の証拠として話し合いの場に出されることの多い、携帯・PCなどメールでの浮気相手とのやり取り。デートの約束や愛のささやきなどが記されているだけでは、浮気を確信する材料にはなっても、浮気の証拠にはなりません。リスクを冒す割に、状況的な証拠にしかならないことを知っておく必要があります。

状況証拠を複数集めることで、浮気の証拠として使えることもありますが、複数の状況証拠を集めるのもなかなか大変です。特に、個人で浮気調査をしようとした場合、この状況証拠を集めることになりますが、最終的に集まった証拠が裁判などで認められなければ、骨折り損です。

相手の浮気に気づいて離婚を考える。「不貞行為」が離婚事由となるためには、その場限りの一回だけの行為ではなく、反復した「不貞行為」が必要とされています。


ページ先頭へ
2010 浮気調査専門なみき探偵 東京 All Rights Reserved.